GUiLZ Project Personal & Experimental Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 最近恒例翌朝更新
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

■ [その他] 今日の俺というか22日の俺達

結局今日8時頃まで起きていて、寝て起きたらすでに夜だったというダメ人間ぶりが板に付いてきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。私はそろそろ死にそうです。寒くて。暖房器具がない(出すのが面倒) ため、寒さがここ最近すごくこたえます。今日もその寒さのためか、ずっと頭痛しっぱなしでダルいことこの上なしでした。って今日の近況はともかく。

22日の自分たちの行動について、とりあえず書いておこうかなと思うわけで。いや、あとから振り返ったときに、そのあまりの馬鹿さ加減に泣きて3歩歩めず を残しておいて、反省する材料にしておこうかな、と。…って前にもそういうこと書いた気もしますが、まあそういうことで、22日の俺達は…。

?以下回想?

朝から親の用事で昼過ぎまで運転手。夜も運転手する予定なのに…とか思いつつ、パラサイトで無職な俺に拒否権はない ため、睡眠時間ほとんどゼロで働く。

夕方頃に友人(ピー学校に勤務する男。以下ロリコン) がやってきて、車を出せと脅される 依頼される。先日書いたように、やはり自分は運転要員として徴用される模様。イメージ映像:「口でクソたれる前と後に「サー」と言え!分かったかウジ虫!」「Sir! Yes Sir!」

しばらく雑談などしたのち、別の県から来る知人(大学8年生、以下8年生) を途中で拾うために、ロリコンと共に駅まで移動。しかもその駅までが遠い。最寄り駅ではなく目的地近くの駅で拾うためだ。その方が8年生にとっても電車賃が安く済むため好都合なのだろう。まあ通り道(と言ってもかなり遠回りだけれど) なのでたいしたことはない…はずだった。遅刻、遅刻、大遅刻。いや、俺達でなく8年生が。間もなく駅に着くというのに「まだ家でお風呂入ってるよ?。もうすぐ行くよ?」との言。名雪ィィィィッ!! この人は相変わらず時間にルーズだ。もしかしてこの遅刻癖で4留したんじゃないかと疑ってしまう。「時間にルーズで4留か。…まさにルーザー(敗者) だな」などと一瞬考え、そのあまりの親父ギャグぶりに悲しくなる。ああそうさ、もう年だよ、俺も。

その電話を切ったあとすぐ駅に到着。とはいえ、まだ来てもいない人間を待つために駅前で長々と駐車することもできないので、とりあえず時間をつぶすために、薬局・本屋・おもちゃ屋・マンガ喫茶・コンビニが密集しているカオス地帯 集合店舗へ移動。で、おもちゃ屋に入ってみた。…北斗の拳 バイオレンスヴィネット が大量入荷していた。価格は500円でコンビニ販売より高いが、その代わり好きなものを選べるようになっている。実物を見るのは初めてだったので猛烈に欲しくなるも、その後のイベントで金が必要だったので諦める。今度買いに行かねば。

おもちゃ屋・本屋辺りを巡った後、そこそこの時間になったので、再び駅に戻る。着いてから更に20分ほど待たされたが、合流に成功。世間話などをしつつ、目的地へ向かう。飲み会の前にまずメシを食うことになっており、ロリコンより昨日掛かってきた電話では「焼き肉に決定してるからよろしく」という話だったので、とりあえず安い焼き肉屋へ。しかしそこに入ってから、8年生より「焼き肉はちょっと重いよね?。お酒飲むし?」とのお言葉が。名雪ィィィィッ!! 焼き肉に決定してたって嘘かよ!? ロリコン

と、そんな嘘に騙されつつも、他のメンバーともここで合流することに急遽その場で決定 し、電話で呼び出す。俺達が完食してくつろいでいた頃に、その知人(営業職。アビバに50万支払ってまだ一度も行っていない強者。以下アビバ50万) と、ご友人(肉体系職。俺達とはあまり親しくない) が来店。彼らも食事をすることに。この時点ですでにロリコンはできあがっていたり、8年生は焼き肉で胃をやられていたりと、前途は相当に多難であった。

程なく食事を終え、飲み屋へと向かう。数回訪れたことのあるところで、店の女の子ともそれなりに顔見知りにはなっている。相変わらず俺はウーロン茶だけしか飲めないがな。そう、この店に行くときは俺はいつも運転手なので、一度もここでお酒を飲んだことがない。それなりに話は盛り上がって楽しいので、別に飲まなくても不自由はないが。

ただ、この店で付いてくれた女の子、今回で2回目の子だったのだが、すさまじい毒舌。前回の時も多少は毒があったのだが、今回は更に炸裂している。その一例を書くと、「あー、それは最悪ですねぇ。死んだ方がよくないですか?」とか「そんなんじゃ全然ダメ、本当、アナタ人生お先真っ暗ですね」とか「仕事無いのにこんなところに来てるなんて、余裕ですね(微笑)」なんて言葉のナイフをすさまじい勢いで突き刺してくれる。俺にも相当な数刺さったよ。しかも笑顔で本気な眼をして言い放つもんだからなおさら痛いよ、ママン。

そのあと別の女の子も来たけれど、こっちはこっちで相当な天然ボケ。はじめにみんな一通り自己紹介しているのに、8年生の話題になって、大学の話をしたら、全員大学生だと勘違いしてるし。うーん、書いてて思ったが、天然ボケというより人の話を聞いていないだけかもしれん。でもふんわりした雰囲気の人で面白かったけど。

そんな毒舌と天然ボケに囲まれて、楽しく会話をしていたのだが、今日のスポンサーであるアビバ50万が「女の子に聞いたら、今の金額3万くらいになってるんだって。そろそろ厳しいから帰ろうよ」と言い出す。この野郎、アビバに50万支払う余裕あるならそんぐらい楽勝だろうが! と至極まともな考えが頭をよぎるも、そこはスポンサー様、意向には逆らえず店を出ることに。

その後、何故かおさわりバーへ繰り出すことになり、移動する。やっぱり金あるんじゃねーかよアビバ50万。が、俺は睡眠不足のためグロッキー。よって、車の中で寝て待つことにして一時別れる。その後聞いた話では、アビバ50万がかなりフィーバーしていたとかいなかったとか。ただ、一様にみんなすがすがしい顔をして帰ってきたのが印象的だった。漢だねえ…。

バーから帰ってきたメンツと再び合流したあとは、みんなで吉野家行って牛丼食って、解散。こうして、俺の一日は終わった。

?回想ここまで?

というような一日を過ごしてました。そして昨日は昨日でまた違う友人と別のイベントがあったのですが、それは明日書く予定です(^^;)。つか今これ書いてるの5時で、今日書くことになるんだけどな。そもそもこの文章書くのこれだけ遅くなったのも、そいつが家で22時過ぎ?4時ごろまでいたせいだし。しかも後半ダレててテンション低い文章になってるし。で、読んでもやっぱりあまり面白くないし。

……まあ面白くないのは俺の文章力が低いせいだけどな…。

……  _| ̄|○   自分で書いてて立ち直れないよ……

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

当サイトのコメント欄は承認制となっております。また、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Twitter
利用中のサービス

GUiLZ Project では、以下のサービスを利用しています。


関連サイト
巡回先サイト様
アーカイブ