GUiLZ Project Personal & Experimental Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - もう6月。一年の半分まで来ちゃったな…
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

■ [その他] まあ、たまには俺の話も聞いてくれ

日本でも陪審員制度(裁判員制度) が始まるってことで、色々と話題になってますよね。その詳細は報道されてるのでここに書くまでもないけれど、俺が理解している感じでは

  1. よっぽどの理由がない限り拒否できない
  2. 容疑者に面が割れるので、逆恨みされて報復を受ける恐れがある
  3. 裁判官の判決に異論があっても、それを口に出したら自分が有罪に

という、絶対に自分には当たって欲しくないロシアンルーレットですが、それだけじゃないことに今日気づきました。今更なことだと思いますが、まあ、俺の話も聞いてくれ。

基本的に警察及び検察は容疑者を起訴する段階までいくと、当然容疑者を有罪にしたいんですよ。仮に途中で決定的なアリバイが発覚したとしても、それを無視してでも有罪に持っていこうとします。これは過去の冤罪史を見るに、枚挙に暇がありません。おそらく現在の警察・検察も同様でしょう。

で、実際の公判が開かれ、明らかに被告は無罪と思える物証やアリバイが弁護側から提示されたとします。それを見た裁判員は全員が被告は無罪であると考えました。…まあ全員が無罪と考えるなんてことはないかもしれませんが、ここまでを仮定とします。

当然全裁判員が無罪と考えたような場合、最終決断を下す裁判官も無罪の可能性が高いと考えることでしょう。そうすると困るのは警察・検察です。目星をつけて有罪に持っていこうと考えたカモ 容疑者が無罪になったのでは、メンツが丸つぶれです。次のボーナス査定も危うくなるかもしれません。そこで警察・検察はこう考えました。

「裁判員が全員無罪なんて考えるからいけないんだ…。奴らに圧力をかけて、考えを変えさせてやる…。どうせ奴らは一般人だ、裁判官みたいに国家という後ろ盾があるわけでもない。少し締め上げてやれば、後ろ暗いところが全く無い人間なんていやしないんだから、すぐにおとなしくなるだろう…」

[ここでこのストーリーは分岐します。以下の結論より選んでください]

  1. 裁判員たちは警察・検察の圧力に屈してしまった
  2. 裁判員たちは警察・検察の圧力に屈することなく、自らの正義を貫いた

どちらか選びましたか? では結果をどうぞ。

[分岐 1 を選んだ場合]

結果。被告は裁判員が全員有罪とし、また裁判官もその意見に同調したため、有罪となりました。実際のところ、被告が罪を犯したのか犯していなかったのか、それは闇に葬られることとなったのです。警察と検察の手によって。

[分岐 2 を選んだ場合]

結果。裁判員たちは当初からの考えを貫いて無罪とし、また裁判官もその意見に同調したため、被告は無罪を勝ち取ることができました。被告は最高の結果を勝ち取ることができたのです。……しかし、警察・検察はメンツを潰され、ボーナスは減らされ、その怒りは収まりませんでした。そしてその怒りの矛先は裁判員に向けられることとなり、この裁判に参加した裁判員たちは、裁判後に有形無形の圧力を受けることとなります。そして裁判員に参加した人たち自身の人生は狂っていきました。警察と検察の手によって。

……という事がありそうな気がしませんか? 上記ストーリーは現在のところ架空のお話でしかありませんが、近い将来の現実にならない事を祈るばかりですね。

「警察や検察が、裁判員にまさかそんなことはしないだろう」と考えておられる方もいるかと思いますが、最近の不祥事続きの警察や、それとおんぶにだっこの検察を信じられるほど私は人間ができておりません。

というような事を平気でやるのが最近の警察ですから、自分たちの思い通りに罪人を作るためには、その程度の事をやってもおかしくないでしょう。私は自分の身がいちばんかわいい人間ですから、裁判員に選ばれることのないよう、心の底より願っております。

最後に、上記の話とは関係ないですが、警察の不祥事について取り上げているサイト様へリンクを張らせて頂いて終わりとします。

毎日よくこれだけ不祥事が発覚するなあということに感心しきりです。すごいですね、警察って☆ 尊敬しちゃいます!!!!!!!!!!

  • 06/05 追記

日本では裁判員というのが正式名称なので、陪審員という表記を裁判員に変更しています。どうせアメリカの物真似で作った制度なんだから、陪審員でいいじゃんとか思うんですが、「恥=下記」では正確な表記を心がけておりますので、上記修正いたしました。警察にもこれくらいの正確さを求めたいものです(笑)。

■ [メモ] 06/04 発売ゲームリスト

個人的備忘録と友人用にメモ。最近増えてきたアクティベーション必須のネット接続版ですが、実際の売れ行きはどんなものなんでしょうね。個人的にはエロゲーという、あまり他人に知られたくないジャンルの商品で、個人情報を送信するソフトは欲しくないですが。

06/04

  1. 弄ing(もてあそばれたい)通常版 [闇雲通信] http://www.cd-bros.co.jp/yamitsu/
  2. 弄ing(もてあそばれたい)ネット接続版 [闇雲通信] http://www.cd-bros.co.jp/yamitsu/
  3. こすぷれ☆ティーパーティー [ソフトハウスDew] http://www1.odn.ne.jp/dew/
  4. 小雪の朱 -コユキノアカ- [ディスカバリー] http://discovery-team.jp/
  5. ダイス・き! ?恋は運任せ? <DVD-ROM> [STUDiO B-ROOM] http://www2.raidway.ne.jp/~b_room/
  6. D.C.P.C. ダ・カーポ プラスコミュニケーション 通常版 <CD/DVD> [CIRCUS] http://circus.nandemo.gr.jp/
  7. 双子ノ母性本能 CD-ROM版 [G.J?] http://www.teck.co.jp/gj/
  8. まじぷり -Wonder Cradle- <DVD-ROM> [パープルソフトウェア] http://www.purplesoftware.jp/
  9. 未来ドーター ムスえもん 通常版 [ZyX] http://www.zyx-game.co.jp/
  10. 未来ドーター ムスえもん ネット接続版 [ZyX] http://www.zyx-game.co.jp/
  11. ろーでび ?小悪魔的偏愛論? [BLACK LIGHT] http://bl-light.kir.jp/

■ 最終更新  23:15

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

当サイトのコメント欄は承認制となっております。また、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Twitter
利用中のサービス

GUiLZ Project では、以下のサービスを利用しています。


関連サイト
巡回先サイト様
アーカイブ