GUiLZ Project Personal & Experimental Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「The Last Song」 「Tears」を聴きながら書いてたら泣けてきた
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

■ [その他] 秋葉原通り魔事件によせて

既に大きな事件となって報道されていますし、遠い四国の果てから何かを言える立場でもないのですが。

田舎の片隅で、子供の頃から憧れていた、自分にとってはある種聖地ともいえる場所でした。

中学生になった頃、初めて秋葉原に行って、その足でたまたま立ち寄ったお店で(もうさすがに店名は憶えてないのですが)、PC98版の「魍魎戦記MADARA」ってゲームの予約をしたこと。そして本当に偶然その日、MADARA作者の田島昭宇さんの予約キャンペーンサイン会があって、サインを頂いたこと。

それを未だに憶えています。(あと、田島さんが無茶苦茶イケメンだったことも)

今年の3月に会社の出張の際、5年ぶりくらいで2時間ほど立ち寄り、久しぶりの空気を満喫したばかりでした。よく来ていた頃と確かに様変わりしたけれども、それでも好きだったカオスぶりは変わらないなと。今年の夏には久しぶりに遠征でもしようかと思っていました。

その矢先の出来事でした。

正直、日曜から今になっても、現実感が感じられません。実際、その場に足を運べば否応なく現実として突きつけられもするのでしょうが、遠い田舎からテレビに映る映像は、不思議と現実から切り離されたフィクションに見えてしまいます。

それでも、ネットで情報を集めるにつけ(昨日はほとんど仕事も手に付かず、様々なサイトを見てばかりいました)、ようやく事件が現実感を伴ってきた気がしています。……もちろん、受け入れがたいことには変わりありませんが。

言いたいことはたくさんあります。犯人に対して、被害に遭われた方々に対して、今後の秋葉原に対して、本当に、たくさん。

しかし、それらをうまく文章にできそうもなく、また何を語ろうとも、私の言葉は現実の被害者の方々には何の慰めにもならないかと思いますので、ここまでで筆を置きたいと思います。

ただひとこと言うなら、「無念だ」と。

それしかありません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

当サイトのコメント欄は承認制となっております。また、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Twitter
利用中のサービス

GUiLZ Project では、以下のサービスを利用しています。


関連サイト
巡回先サイト様
アーカイブ