GUiLZ Project Personal & Experimental Blog

Monthly Archives: 4月 2011


iPad2 購入完了

iPad2 購入完了

はい、今日は私のファッキン ハッピーバースデー、ということで、同じ日に発売になった(Apple オンラインストアでは) という縁を感じて、iPad2を買ったというだけの話。

午前1時に発売開始と聞いてたから、wktkしつつ全裸で0時から待機してたのに(途中でパンツは履いた)、実際発売開始になったのは午前1時30分近くになってから(確認できたのは28分頃)。

で、購入自体はあっさりと(サーバーエラーとかも起こることなく) スムーズに終わった。新しく追加されたカラーにしようと思い、ホワイトの32GBモデル。iPhone 3GS 32GBモデルを1年くらい使用しているけど容量は10GB弱しか使っていないので、いくら家で使ったりデータ入れることが多くても、32GBもあれば余裕過ぎるだろうとの判断。

ケースは純正のお風呂のフタにしようか迷ったけど、サードパーティでいろいろありそうなので、そちらを選ぶか何も付けなくてもいいかなということで買わなかった。

そしてオンラインストアの特典である刻印。本名とか入れるのもアレなので、GUiLZ Project ?と彫ってもらうことにした。知ってる人に見られたら恥ずかしいけど、ほぼ自宅利用だから問題もないだろう。自己満足程度にはなりそうだ。

納期は1?2週間程度らしく(午前2時現在)、初代iPadの時よりは早いみたいで安心。後はいつ届くか、それが楽しみだ。

……ギフト包装&こんなギフトカード付きのiPad2がな!

iPad2 ギフトメッセージ

 

2011/04/29 04時ごろ追記

下記サイト様で、午前1時販売開始のはずがずれ込んでいたこと、納期がはじめから1?2週間に設定されていること、さらには納期が1?2週間にもかかわらず、購入者には3週間程度の納期表示がされていること、といったあたりが書かれてますね。

【iPad 2】Appleオンラインストアの状況(なぜ最初から出荷予定が1?2週なの?) – iPad Mods

私の納期表示も確認してみると、出荷予定日が 05/19、お届け予定日が 05/22 となっていたので、3週間くらい取られています。

この辺りは確かに気になるので、今後の推移を見守りたいですね。

 

2011/04/30 追記

iPad Mods 様に追加記事が出ていました。

【Appleオンラインストアの疑問】 なぜ、iPad 2の出荷予定は1-2週間なのに、注文成立のメールでは5月19日になるの? – iPad Mods

アップル社としての見解は、

Apple Storeの営業日につきましては、土日祝日を除く平日にて計算させていただきます。なお、営業日は、数え始める日付(起算日といいます)の翌日が「1営業日目」になります。数え始める日がApple Online Storeの営業日ではない場合は、次の営業日が起算日となります。

この度は、4月29日にご注文いただきましたので、5月2日(月曜日)が記載日となり、2週間後(10営業日後)の5月19日が出荷予定となります。

とのこと。実際はそれより早く出荷されるだろう、と期待しつつ、待つしかないですね。……刻印サービス頼んだ分、遅くなったりしたらやだな……。

 

2011/05/17 追記

本日22時半過ぎ、発送メールが来てました。丸々3週間近くはかかった計算ですね・・・。GWも挟んでいたし、刻印サービスも頼んだので仕方のない部分もあったのでしょうが、オンラインストア組は今回結構待ちぼうけ感がありましたね。

スポンサードリンク


GUiLZ.INFO

今回、GUilZ.INFOGoogle App Engine を使ったWebサイトを立ち上げたわけですが、実はサイト自体は1年くらい前から用意していて(無料なので登録とドメイン設定だけはしていた)、ようやくまともに使い出したという形です。

以前から言われている内容なので面白味はないのですが、Google App Engineを利用すれば、とりあえずWebサイトくらいは用意しておきたいという中小企業さんや、個人サイトやブログを作りたいけど、無料レンタルサーバーだと重かったり信頼性がちょっと……という方にも(自分も無料レンタルサーバーをやっているのにアレですが)、無料で信頼性の高いサイトが作成できるのではないかなと。

ということで、今回はそんな話題。

Continue reading

スポンサードリンク


ここ数日ブログの更新頻度が落ちてたのは、こういうのを作っていたからでした。

同人荘 – doujin.so! 無料レンタルサーバーサービス
http://www.doujin.so/

かなり以前から、無料でのレンタルサーバーサービスというのをはじめてみたかったのですが(実は1998年くらいから短期間だけやってた時期もありましたが)、その機会が無いままでした。

今回たまたま以下のサイト様にて、無料で自分独自のホスティングサービスを提供できるというサービスを発見し、衝動的に申し込んで一気に作り上げたのが上記サービスです。

Youhosting.com | Provide your own free and paid web hosting. Free reseller hosting.
http://www.youhosting.com/

WordPress を使ってみた感じですと、たまにデータベースとの接続にエラーが発生したりしますが、mod_rewrite も使え、通常の利用には不足ないなーという感じでした。時間帯によってはサーバー負荷が高いこともあるので、その辺りは無料だけに仕方ない部分なのかなと。

無料で提供されるリソースのうち、最大まで使用できるようにしていますので、いろいろと遊べるのではないかと思います。利用規約や Youhosting.com の規約に違反しない範囲で、よろしければご利用ください。


さくらのVPS に、オープンソース全文検索エンジンの Fess を導入してテスト中。簡単にインストールでき、利用できるのは素晴らしい。

以前勤めてた会社では、ファイルサーバーの全文検索に Hyper Estraier Win32版を入れて使っていたんだけど、導入にはApacheが必要だし、ファイルのクロールさせているとよく落ちて、そのたびにインデックスが壊れてリペアが必要だしと、使い勝手が微妙だった。(クロール失敗・インデックス破損は、Win32版特有の問題かもしれないけど)

その点 Fess は、普通に使うだけならApache入れる必要もないし、Javaだけ入っていればOSを選ばないのもいい。さらにAPIを使えば、他のWebサイトから検索のバックエンドとして使えるので、使い勝手も悪くなさそう。後は検索速度とかクローラーがエラー吐かないかどうかなど、おいおい試していってみよう。

インストールに必要なのは OpenJDK だけ。yum から一発インストール。

yum install java-1.6.0-openjdk.x86_64

後は Fess のサイト(http://sourceforge.jp/projects/fess/releases/) より、データを持ってきて

unzip fess-server-x.y.zip
cd fess-server-x.y
chmod +x bin/*.sh
./bin/startup.sh

とするだけで起動する。管理はWebベースで。管理者パスワードの変更は、http://fess.sourceforge.jp/ja/setup.html あたりを参考に。

Ruby ベースの SUZAKU も気になるところだけど、インストールが若干手間なのと、最新バージョンが4年ほど前の更新なので、開発が活発な Fess のほうが安心かな。Tomcat使う分、重いかもというイメージはあるけど。


現在、このブログがある さくらのVPS では、PHP 5.3系を使いたいのでremiレポジトリを有効にして、yumでアップデートなどを行っているのだけど、そこで発生したトラブルについてメモがてら。

昨日アップデートをしたら、大量のアップデートに混じってMySQLも5.1系から5.5系にバージョンアップされたらしく、起動しなくなっていた。MySQLのログを見ると、

[ERROR] /usr/libexec/mysqld: unknown variable 'default-character-set=ujis'
[ERROR] Aborting

となって終了している。

MySQL MLの投稿
http://www.mysql.gr.jp/mysqlml/mysql/msg/15436

によると、5.5系では [mysqld] 内では default-character-set が利用できなくなっているとのことなので(ただし [client], [mysql], [mysqldump] では問題なく利用できている)、代わりに /etc/my.cnf に

character-set-server = ujis

と書いてやることで無事起動するようになった。

が、以下のようなエラーも吐かれていたので、こちらにも対処する。

[ERROR] Missing system table mysql.proxies_priv; please run mysql_upgrade to create it

mysqld を起動しておいた状態で、

# mysql_upgrade -u root -p

として root パスワードを入力すると、データベースがチェックされ、問題なく全て OK となった。再起動後もエラーは出なくなったようだ。

そして、ここまでやった後に、下記サイト様を発見。

【MySQL】5.1から5.5へのアップグレード(rpmで)
http://www.softel.co.jp/blogs/tech/archives/2288

yumだったからか、私の場合は全く警告も出なかったけれど、データベースのダンプくらいは取っておくべきだったなと、今さらながらガクブル。ま、問題は出なかったから、よしとしよう。(mysqldumpしながら)


下記ショップ様のみ検索する、同人ショップ アイテム検索を作ってみました。(敬称略)

とらのあな
メロンブックス
メロンブックス.com
MAGMAG
まんだらけ
デジぱれ(LLパレスDL部門)
ギュッと!同人館
グレップ Web通販
たちばな書店
メッセサンオー 同人館
らしんばん
ホワイトキャンバス
ブックメイト
四国信長書店

ページ上部にある、Google カスタム検索 から、同人ショップ アイテム検索 と辿ってください。

一部を除き、ショップ様の全ページから検索するようにしているので(新刊入荷情報等を追いかけるため)、同人アイテム以外の一般のコミック情報等も引っかかるかと思われます。その場合は、キーワードに「同人」など、それらしいワードを入れて検索してみてください。

他にも追加した方がいいショップ様の情報などありましたら、コメント等よりお知らせください。


今回の東日本大震災において、多くの市役所などでサーバーが物理的に停止したり、負荷増によるアクセスのしづらさが問題になりました。

今後、公共性の高いWebサイトは、事前にCDNやクラウドで分散しておくということが必須になっていくのではないかと考えていましたが、やはりネックはコスト。特にCDNのコストはすごく高いというイメージがありました。

そこで見つけたのが、CloudFlareというサービス。無料または月20ドルで使えるCDNサービスのようです。

CloudFlare
http://www.cloudflare.com/

世界5カ所にデータセンターがあり、万一の災害時にも全てが止まるということはないでしょうから、災害対策にはうってつけです。その上負荷分散もできますので(そちらが本来の用途ですが)、高額なサーバーや回線を用意しなくてもよくなり、財政事情の厳しい地方自治体にとって一石二鳥。

導入も、サービスの申し込みをしたあとネームサーバーをCloudFlareのものに書き換えるだけと、ドメインさえ持っていれば誰にでもできそうなくらい簡単です。

無料、または月20ドルのコストなら小さい地方自治体でも工面できるレベルですし、今回震災の被害を受けなかった地方自治体の方にも、導入を検討してもらいたいサービスですね。


My Mind is going. I can feel it. I can feel it, Dave.
Creative Commons License photo credit: Gray Simpson

比べる意味はないのだろうけど、2つのドメインを スタードメイン へ移管する機会があったため、eNomとKeySystems、どちらが移管手続きが終わるのが早いか、試してみることにしました。

Continue reading


USS Carl Vinson Sailor takes a break before moving mail.
Creative Commons License photo credit: Official U.S. Navy Imagery

若干間が開いてしまいましたが、続きです。本来は今回で終わらせるつもりだったのですが、長くなりすぎたので今回は中編ということで。

中編では、届いたメールの自動転送設定・転送先のメールアドレスの設定までを解説します。BCCによる送信メールアドレス関係の設定は、後編で。

Continue reading


old and stacked
Creative Commons License photo credit: System One Gang

個人でたくさんドメインを持っている人の中には、その維持費用に頭を悩ませている方もおられるかと思います。というか、私がそうです。

普通の個人なら、たくさんドメインなんて持ってないことの方が多いとは思いますが、その辺りのコストを圧縮する方法を考えてみました。

Continue reading

スポンサードリンク

Twitter
利用中のサービス

GUiLZ Project では、以下のサービスを利用しています。


関連サイト
巡回先サイト様
アーカイブ