GUiLZ Project Personal & Experimental Blog

the Mac Pro setup
Creative Commons License photo credit: blakespot

いままでも スタードメイン でドメインを取得すると、10GBの無料サーバー機能が付いてきましたが、それがさらにパワーアップした「スターサーバープラス」が今日から始まりました。

正直、普通の個人ユーザーや中小企業のWebサイトを作るなら、ドメインさえ スタードメイン で契約すれば、毎月のサーバー代が要らなくなるかも、というほどのインパクトです。

スポンサードリンク

 

何がスゴいのか

以前からある無料サービスでは、10GBの容量は使えるものの、PHPやMySQLといったプログラムやデータベースが動かせないため、正直今時のWebサイトを作るには力不足でした。

ところが、今日から始まった「スターサーバープラス」では、なんとそのPHP・MySQLが解禁となり、CMSやブログなどが自由に動かせるようになったのです。最近よくある、WordPressでブログサイトを作るとか、CMSでWebサイトを作るといったことが、スタードメイン に支払うドメイン代金だけでできるようになったんですね。

しかも前のサービスから引き続き、広告の表示はありません。普通のレンタルサーバーと同様の機能が無料で使えてしまうのです。

 

制限について

無料だと何か裏があるのでは、と考えられるかもしれませんが、サービス内容自体は、他のドメイン取得サービスに対する囲い込みの一環だと考えられるので、気にすることはないでしょう。

ただし、同社は有料のレンタルサーバーサービスも提供している(ミニバード?・ ファイアバードクローバー) ため、当然それらとは差別化がされています。主な制限は、以下のようになっています。

  • HDD容量が3GB
  • サブドメインは10個まで作成可能
  • MySQLは1つまで・容量は50MBまで
  • Perl等の独自CGIは利用できない(PHPのみ利用可能)
  • php.iniの設定可能な項目が有料サーバーと比べて少ない
  • 一部のPHP関数が利用できない(dl・backtick_operator・shell_exec・system・exec・passthru・popen・phpinfo)
  • メール転送しか使えない(POP機能はない)
  • sendmailで1日に50通を超えるメール送信には制限がかかる

この中で若干厳しめなのがメール送信の制限です。Web上のフォームからメール送信を受け付けると、サイトによっては1日50通の制限を超えてしまう可能性があります。

ただ、それはメールを送信せずにCSVやデータベースに書き込むタイプのメールフォームを利用したり、Google ドキュメントのフォーム機能で代用するなどできるため、運用次第で何とでもなるでしょう。

また、メールは転送のみ100アドレスまでとなっていますが、小規模な企業や個人サイトであれば、Google Apps を利用すれば10アドレスまでメールが作成できるため、困る場面は多くないでしょう。どうしても無料で多くのメールアドレスが必要な場合は、Windows Live Admin Center を利用すれば、初期状態で500メールアドレスが利用でき、足りなくなると追加も可能です。

php.ini の制限内容も気になるところですが、どうしても post_max_size や upload_max_filesize 等を編集したいというニーズがなければ、そう困ることもないと思います。PHPで最も問題となる、文字化けに対応するための mbsrtring 関係は編集できますので。

それよりも、逆にこの程度の制限しかかかっておらず、広告なしで転送量制限もないサーバーが利用できることの方が、大きなメリットです。

 

利用方法

サーバーを有効にするまでの設定は スタードメインのページ に詳しいですから、そちらを参考にして設定してください。

私の場合、既存のサービスを切り替えて利用開始しましたが、しばらくの間は

無効なURLです。ドメイン設定の反映待ちか、存在しないアドレスです。
再度ご確認のうえアクセスをお試しください

といったエラーメッセージが出て、利用できませんでした。サーバー切り替えにはしばらく時間がかかるようですので(と言っても1時間未満で利用できるようになりましたが)、少し時間を置いてから、アクセスできるか確認した方が良さそうです。

 

その他情報など

スタードメインのFTPサーバーは、同社の クローバー 等と同様に、FTPES接続が可能です。通信経路を暗号化してくれるので、FTPクライアントで暗号化が利用できる場合には、必ず有効にして接続しましょう。FileZilla などがお勧めです。

mod_rewrite も利用可能です(WordPress、BaserCMSにて確認)。

MySQLユーザーには、ホスト名がMySQLサーバーとは別の名前で割り当てられますが、特にサーバー名まで指定しなくても動作しました(WordPressにて確認)。

 

使用した感想

同社有料サービスである クローバー を利用してサイトを立ち上げたことがありますが、FTP速度やMySQL・PHPの動作は遜色ないくらい速かったです。

もちろん、今は利用ユーザーが少ないためだからとは思われますが、無料でここまでできるサービスを使わないのは損なので、スタードメイン でドメインを取得されている方は、ガンガン使っちゃいましょう。



スポンサードリンク

2 Responses to スタードメインの新サービス「スターサーバープラス」がスゴすぎる

  • ファイアーバードつかっていますので、もし処理速度の点で問題なければ乗り換えて経費削減するのも手ですね。
    参考になりました。ありがとうございます。

    • コメントありがとうございます。

      企業様からご依頼いただいて作成したWebサイトを、いくつかスターサーバープラスで利用しておりますが、WordPressで画像を一気にアップロードしてリサイズ処理が入ると、エラーが出ることがありますね。

      おそらくリサイズ処理がCPUかメモリのリミットに引っかかっているものと思いますが、それ以外でサーバーが長期間落ちたとか、支障が出たという事は今のところありません。WordPressでのコンテンツ管理もスムーズに利用できています。

      アクセスが多い企業様のサイトは難しいでしょうが、ランニングコストを抑えたいという企業様のニーズには十分応えられる品質だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

当サイトのコメント欄は承認制となっております。また、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Twitter
利用中のサービス

GUiLZ Project では、以下のサービスを利用しています。


関連サイト
巡回先サイト様
アーカイブ