GUiLZ Project Personal & Experimental Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - スーパーコンピューター「京」の見学に行ったはずが、アーロンチェアを買って帰ってきたお話
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

Twitterあたりでぶつぶつ呟いてましたが、ついにアーロンチェアを買ってしまいました。購入は大塚家具で、お値段14万とんで400円なり。PCパーツなら、昔買ったPentium IIはCPUだけで12万くらいしてたり、今も自宅に鎮座しているゲーム筐体・ニューアストロシティは25万くらいしたりしましたが、イスひとつに14万というのは、さすがに買った後で「やっちまったかな……」という気持ちになりました。

全てはその日の睡眠不足と、スーパーコンピューター「京」のせいなんだ、と言いたくもなりますが、それだけだと意味不明なので購入までのざっとしたいきさつを。

 

  1. 朝5時起きでバスに乗り、はるばる神戸・三宮まで移動
  2. ほとんど寝てなくてフラフラになりつつ、スーパーコンピューター「京」の見学へ。あまりに楽しくて ヘブン状態
  3. その勢いで、神戸の大塚家具でワークチェアをいくつか試座しようと思い立ち、移動
  4. 試してたらアーロンチェアが一番気に入ったので、ヘブン状態のまま即決で購入
  5. 支払いどうしよう…… ← 今ここ

 

素晴らしくダメな衝動買いの見本ですが、「買わずに後悔するくらいなら買って後悔しろ」をモットーにしておりますため、今は購入してよかったなーと思っておりますよ、ええ。まだ届いてないですけど。あとカードの請求が恐いですけど。

ってまあ、これだけでは単なる衝動買い告白なので、どうしてアーロンチェアに決めたのか、どのグレードなのか、なぜ大塚家具で購入したのか、ってあたりを続けてみようかと思います。実際の使用感などは届いた後に。

スポンサードリンク

 

なぜアーロンチェアだったのか

大塚家具 神戸ショールーム に今回行ったわけですが、ここにはアーロンチェアはじめ、コンテッサ、バロン、エルゴヒューマン、ミラチェア、エンボディなどなど、ネットでも有名な「座り心地のいいワーキングチェア」が大量に展示されています。(本当は 大阪南港ショールーム がより広いので見てみたかったけど、時間の都合で断念)

特に8階にワーキングチェアとデスクをメインとしたコーナーがあり(7・9階にも一部はありますが、8階だけでほぼ全てに座れるかと)、はじめは一人で、後に店員さんが来てくれたので、その方と一緒にほぼ全ての椅子に座りました。

微調整などを全ての椅子で行ったわけではないため、ほぼ展示されたままのセッティングで座った感想となりますが、前傾姿勢・ちょっとのけぞった姿勢・リラックスした姿勢全てで腰と背中にぴったりフィットして追従してくれ、体重を感じさせない楽な座り心地だった、というのが購入を決めた最大の理由です。

セッティングを突き詰めれば、どの椅子でも同じ座り心地まで持っていけるかもしれませんが、展示の椅子を軽くセッティングするだけでイージーに調整が可能で、調整も簡単で分かりやすく(他社の椅子だと機能は豊富でも調整方法が分かりづらいものもありましたし)、仕事をするための椅子の調整に時間を掛けるなんて本末転倒だろ、という思想が感じられたのも気に入った点の一つです。

さらに12年保証とサポート品質に定評があり、長く使うならこれだろうなーという気持ちにさせてくれる、それがアーロンチェアの魅力ですね。(何かセールストークみたいでアレですが)

 

購入グレード

Amazonでも売っている、一番スタンダードなこのグレードです。

 

本当は試座したときの見た目と、本革アームレストの手触りが気持ちよかったので、メタルポリッシュモデルにしたかったのですが、価格差が4万円以上あり、その価格差には見合わないかなと判断して諦めました。(スタンダードモデルのアームレストも悪くはないのですが、メタルポリッシュモデルの手触りは本当に良かったです)

 

大塚家具で購入した理由

カードで分割2回払いが可能だったから。

一番の理由がそれかよとか言われそうですが、分割2回払いなら手数料がかからないので(2回払いできるカードに限りますが)、これは譲れないポイントでした。懐に余裕があるなら一括払いでよかったんですが、14万の請求が翌月に来るのはちょっとキツいので、7万×2回に分散させることにより、当座の資金繰りを何とかしようという浅はかな戦略でございます。

また、価格だけならポイント還元まで含めると楽天やAmazonで購入した方が実質価格は安くなりますが、大塚家具の場合は実店舗と歴史があり、問題が起こった場合にもサポートがしっかりしているだろうという信頼があったのも、大塚家具で購入した理由の一つです。

これは大塚家具の話ではありませんが、以前家具を購入したときに、購入時点で小さな傷が入っていたことがありました。地元の家具屋さんで購入していたことが幸いして、すぐに交換品の手配と配送をしてもらえたのですが、それからは高額な家具や大きな物は信頼のおける実店舗で買った方が、多少高くてもサポート面で安心できるという印象を持っています。

もちろん通販会社のサポートが悪いというわけではなく、購入のポリシーという部分での話ですので(自分も買い物は昔から通販メインですし)、12年保証が付く正規代理店から購入する分には通販でも問題ないと思います。(高額な買い物なので、試座せず買うのはお勧めしづらいですけど)

 

ちょっとアレだった点とか

ここまでステマかよと言わんばかりの内容を書いてきたので、ここから俺の性格の悪さを発揮して、ちょっと微妙だった話をまとめて。

最低価格保証をしている大塚家具なので、まあ無理かなーと思いつつも高い買い物ゆえに価格交渉をしてみたのですが、メタルポリッシュモデルを送料コミで18万ジャストにならない? というのはさすがにダメでした。トータル6000円くらい値引けっていう話なので、まあ致し方ないよね。

それではと、スタンダードモデルの14万とんで400円という微妙に気持ち悪い400円を送料コミ14万ジャストでは? というのはOKが出たので、じゃあ買いますーと契約に入ったら、送料はコミになってたけど400円は引かれてなくて、おそらくお互いの話の中で見解の相違があったのだろうけど、まあ契約段階まで入ってるし、たかが400円だしと購入はしたのだけど、ちょいモヤモヤッとした気持ちに。

アーロン買うのにそんなはした金ケチるなよとか言われそうですが、端数が気持ち悪いってのと、ちゃんと交渉まとまったって気分だったのに金額が巻き戻っちゃったからモヤモヤッとしたのであって、400円が惜しいからというわけではないぞ。本当だぞ。本当なんだからな。まあそれでも400円くれるって言うんなら、もらってあげなくもないんだからねっ!(ツンデレ)

それとアーロンチェアにヘッドレストは設定がなくて、Amazonあたりで売ってるヘッドレストも純正品としては存在しないというのは無知ゆえに知らなかった。商品説明をよく見れば書いてあるけど、純正のオプションとして取り扱いとかあると思い込んでたので、大塚家具の店員さんに教えてもらえて勉強になった。あれ、何かいいこと書いてるけど、まあいいか。

 

えーっと、あとアレだ、契約時に出してもらったアイスコーヒー、量が少なかったので大ジョッキの設定お願いします。暑かったんでちょっとあの量ではデブには厳しいです。……っつーか歴史もサポートも接客もしっかりしてることに定評がある大塚家具なんだし、こんな難癖しか悪口書く事なんてねーよ。ド田舎の貧乏人なのに、金持ちVIPの一員になったかと錯覚するほど丁寧な接客でしたよ。あ、これが大塚家具の戦略なのかっ!? ……ふっ、やられちまったぜ。

 

まとめ

いろんな椅子に座るのは楽しいし、いい椅子は本当に違うということがよく分かるので、みんな、大塚家具のショールームで座り比べをしようぜ!(ステマ)

冗談はともかく、値段が高い椅子がいいとは一概に言えないし、各人の体型や好みによって理想の椅子というのは変わるものなので、その場でいろいろと比べられる大型のショールームはマジで行く価値があるなーと、今回思い知りました。

……だからといって、みんなは俺みたいにその場の勢いで衝動買いしちゃいけないぞ! おじさんとの約束だ! orz

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

当サイトのコメント欄は承認制となっております。また、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Twitter
利用中のサービス

GUiLZ Project では、以下のサービスを利用しています。


関連サイト
巡回先サイト様
アーカイブ