GUiLZ Project Personal & Experimental Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 今日から世間は3連休、知らなかった僕はダメ人間
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

■ [政治] 総選挙な話・1

たまには真面目なことも書いてみよう、ということで、衆院選がまもなく始まりますね。普段は投票したりしなかったりという、国民の義務まで投げっぱなしジャーマンな私ですが、今回は「マニフェスト」といった目新しい政党の指針が作られて公表されていたり、自由党と民主党が合併してそれなりの大勢力ができたりと、なかなか面白い情勢なので投票に行くつもりです。

で、どこに投票するか。これまでの日記なんかでも書いてたりしたんですが、自分は「アンチナンバーワン」主義ですので、民主党に投票するつもりです。民主党のマニフェストや主張には一部相容れないところもありますが。何故かというと、いくらアンチナンバーワンとはいえ、たとえば最下位(議席数が少ないという意味)の政党に投票しても、その党が今回大勢力に成長できる可能性は低いわけで。そうなれば最大勢力を覆すことはできない、と。しかし現在ナンバー2の政党ならば、今回の結果次第ではそれなりの対抗勢力に育ってくれる可能性がある。だから民主党に投票する…という結論なわけです。じゃあ気にくわない政党でもナンバー2なら投票するかと言われると、それはかなり微妙なんですが(^^;)。

つまり自分の主義は「アンチナンバーワン、シンパシーナンバー2」とでもいうようなものなんですね。そしてその意識でauやらKDDIに肩入れしてきましたが、失敗だったかな…と最近思っております。理由は「私とKDDI」に書いてある一連の件があったためなんですが。一度失った信用は簡単に取り戻せないということを、KDDIには知っておいていただきたいものです。って、最後には結局KDDI話なのか、俺(笑)。

スポンサードリンク

■ [ネット] 私とKDDI (奔放無天編)

サブタイトルを考えるのもそろそろ苦しいんですが、相変わらず無意味です。

で、昨日、KDDIに対して再度質問を送った、という件の続きを。そのメールに関しては翌日返事が来ておりまして、それによると、今月にNTT回線使用料・ADSLモデムレンタル料のみを先に割引した理由は

「ADSL最大3ヶ月無料キャンペーン」期間によりADSL利用料金が発生しなかったため、システムデータの反映上、キャンペーン対象外となるモデムレンタル料、及び、NTT回線料金8日分となる代金、173円の減額調整となった

ためであり、ADSL料金については

ADSL利用料金からの割引分は人為的に手続きしており、そのため、今月分からの割引としてシステムに反映できなかったため、来月分からの割引となった

とのことでした。つまり割引金額が無料期間にまたがっていたために、それに該当しないモデムなどの料金はシステムとして、おそらく自動的に割引処理を取ることができたものの、ADSL料金は手動で処理する必要があったために、遅れてしまったということであろうと推測しています。

しかしながら、その割引処理ができていないという連絡は、先月に請求書が到着した直後に行っており、丸1ヶ月は時間がありました。それなのに反映できていないという事は、相当にシステムが複雑で作業に時間がかかるのか、それとも担当者の怠慢か、この2つくらいしか理由がありません。おそらくは後者であると思われます。

これまで長々と書いてきた、この一連の文章の中で分かったことは「KDDIは不誠実な企業である」ということです。まず当初の「作業データの入力忘れで工事予定が白紙だった」という件は人的ミスであり、その後のアフターサポートについて問題がなければ仕方のないことと許すこともできます。しかしその後の請求書にて、サポート時に約束したはずの割引がなされていなかった件について、KDDI側で連絡伝達のミスがあったという返答は企業としてお粗末すぎます。そして今月で全ての割引金額を差し引くという発言をしておきながら、システムの都合として来月にまでツケを回しています。ここに至っては1ヶ月という期間があり、その間に十分な作業ができたであろうと思われるのにも関わらず、です。

私自身の話でなんですが、以前の職場ではユーザーサポートのようなことも行っており、クレームが発生した場合には、出来る限り速い手段でお客に利便を図ってきました。ミスがなかったとは言いませんが、少なくともKDDIのように3回もお客を馬鹿にするかのような対応をしたことはありません。会社規模の違いなどという事情もあるでしょうが、それを含めても3回のミスというのは会社・社会人として失格です。auも含め、今回の件でKDDIに対しては失望しました。

ということを結論として、この一連のKDDI話は終わりとさせていただきます。担当者の怠慢だろ、ってツッコミもしたいところですが、もうKDDIには何を言ってもムダだろうと思いますし。あとauに関する話についても、また後日書いていこうと思います。(ちなみにauの方は電話口の人間がムカつく話し方をしてくださったんですが、自分の主観ということを含めてもサポートの人間の質はアレかなと思いました。赤ん坊の話に対して打つような相づちは、人を馬鹿にしているようにしか聞こえませんがいかがでしょうか?>auの方)

■ [ニュース] 飽きキタニュース別館報 Vol.10

パクリメインの身内向けニュース。どっぷりパクってます。

全編英語だったので、Web翻訳を使いつつ読んでみました。だいぶ勉強になった気がします。どうやら元は小冊子らしいのですが、こういうの、日本なんかでは配布しないんですかねぇ。まあ平和ボケした日本だと核攻撃される、なんてシナリオは描きづらいんでしょうが。

一番上の写真、こちらに蔑んだ視線を投げかけてるようにしか見えないんですが。俺がガチンコなアメリカンなら、思わずマシンガン乱射しそうです。…待てよ、こいつらauのカスタマーセンターの奴らか!? 俺をバカにしてるんだな!? そうか、そういう態度か、分かったよ俺が今すぐブッ殺(毒電波放出中のためしばらくお待ちください)。取り乱してしまいました。で、クリップアートの話ですが、自分も仕事でパワーポイント使ってたので、あのクリップアートには辟易した覚えがあります。自分の場合はWebの素材集なんかを無理矢理流用してました。しかしあのダメな付属クリップアートをふんだんに使った企画書を取引先が持ってきたときには、さすがに頭痛がいたしました。某大手様、センスも磨いてください。

法律なんかに関して、理論武装の勉強になりました。しかも面白いし。他の日記もかなり面白いうえ、役立つ内容なんかもあったりして、今まで知らなかった自分の無知さ加減にガックリ。ネット上でも引きこもりな自分はダメダメ、と。

■ [その他] 今日のひとこと

V.G. NEOの情報が徐々に出てきてますが、今作は前作までのキャラが全く出ない初めての作品ぽいですね。賛否両論はあれど、これも一つの進化かなと思います。主題歌はI’veということで、その雰囲気を感じられるユーロ調の曲となってます。

また、V.G.シリーズは今年で10周年だそうで。初代はパッド使えなくてキーボードで技出してたなぁとか、そういや**(友人)はキーボードマスターと化してて、小技吸い込み久保田バスターとか出してたなぁなんて事を思い出したり。ちなみに当時、明らかに18歳未満だったけど、もう時効です、時効(笑)。…しかし10年か。本当に何もしないままで、何も為せないままでも時だけは過ぎ去って行くもので。

■ 最終更新 22:00

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

当サイトのコメント欄は承認制となっております。また、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Twitter
利用中のサービス

GUiLZ Project では、以下のサービスを利用しています。


関連サイト
巡回先サイト様
アーカイブ