GUiLZ Project Personal & Experimental Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - やっと23日の記録が終わった…
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

■ [その他] 今日の俺というか23日の俺達 その3

なんかね、たった1日の行動日記を3日もかけて(飛ばした日も含めたら1週間近く(^^;)) 書くって行為は、どう考えても馬鹿のやることだと思うんですが、俺達の1日の行動は密度が濃い内容になりがちなため、細かく書くとどうしても長くなってしまうんで…。しかもほぼ全編ノンフィクションってのがまた。この年になってこれだけ馬鹿ができるのは、ある意味恵まれた人生かもしれません。……もうそんなネタだらけの人生は不要なんですが(涙)

そしてここから再び23日の回想の続きです。今回で終わればいいんだけど…。

?以下回想?

  • 第1回 のあらすじ:特売マザーと部屋とYシャツと私 下駄との間に挟まれた恋
  • 第2回 のあらすじ:AmbivalenZ ?二律背反?((c) アリスソフト) の果てに

そこで自分が出した答えとは…。

「P4 Celeronと特売マザーを買って新マシンを組む」という選択でした。しかしながら、Tualatinを返品に行くのはやっぱり面倒です。ついでに、自己都合での返品は不可って事も考えられたので、仕方なく私が彼からTualatinを買い取り、自分の余っているPCに取り付けるということにして、返品に行くコストを削減。一緒に自分の財布の中身も削減。さらに、自分が持ってるマザーも下駄が必要なマザーだったため(自分のマザーが下駄対応機種って事は事前にちゃんと調べてる狡猾な俺ですが何か?)、その下駄も購入。おかげで諭吉さんおひとりと永遠の別れをすることになりましたよ、ええ。無職の今、諭吉さんと会う機会なんて、もうそうそう無いですから(涙)。

愚痴はさておいて、そうと決まったら行動の早い俺達。いざ店へ 行かんと、急ぎの近道をしたら、車1台通れるか通れないかの道に突っ込んじまいました。しかも横は川。その上ガードレールも何もなし。少しハンドル操作を誤れば、間違いなく落ちちまいます。そんな危険な状況にも関わらず、そのままバックでゆっくり脱出しないのが俺達らしさ。途中にあった民家の駐車場にバックから突っ込み、方向転換をしようとしました。…ちなみにここで説明しておきますが、広々とした駐車場を想像した方、ハズレです。そこも車がどうにか入るくらいの横幅しかありません。それなのにバックから入れて方向転換しようとすれば…。そう、分かりますよね?

最小回転半径からいって、前輪が落ちます。それを計算せずにそういう行動を取ったせいで、数分間相当なスリルを味わうことになりました。しかも助手席に乗って前輪と壁際をチェックしないと殺される、本当に落輪するか壁に車体をこすってしまうような場所だったため、車を降りて逃亡する事もできず。近くにバス停があったから、そこでバスに乗って駅まで移動すれば自分だけは助かるハズだったのに 親友のためと、かなりの恐怖を感じながら、落輪ギリギリまで車をナビゲートし、左側面を当てないように声を出します。その俺様の おかげか、何とか側面を当てることもなく(当たった気もするけど)、落輪もせずに(かなり落ちそうだったけど) 元の道に戻ることができました。私はこのとき、神の存在を本気で信じました。しかしこの友人、さすがに何度も死にかけてる 修羅場をくぐっているだけあって、いいドライビングテクニックをしています。

これが自分の車で自分の運転だったら…と今にしても恐ろしい出来事でしたが、そもそも俺は知らない道やあまりに細い道には近道でも絶対近寄らない人なので、自分の運転で来ていたら、こんな恐怖を味わうこともなかったわけで…。殺す いや全くヒドい目に遭いました。

まあそんなトラブルをかいくぐりつつ(招いたのは友人だが)、ショップに移動してマザーとP4 Celeronを購入。で、その後 23日の日記 で書いたように、ネタを仕入れたり(これは別途HPなどで公開する予定。あくまで予定)、OSからツールから全てのシステム入れ直しを俺がすることになるので、エロ本買ってくれ 何か報酬をよこせと交渉して見事エロ本ゲットだぜ! 報酬ゲットしたりなんかしてました。

そして結局 27日 までかかって(実質かかったのは2日だけど)、システムを入れ直して、この23日から続いた一連のお話は幕を閉じるのであります。

  • 以下余談

当然 以前システム組み直したとき のように、いろいろとトラップを仕掛けたわけですが、見事解除されてしまいました。かなりヒント(というか答え) を教えたからってのもありますが、チッ、面白くねえ… なかなか頑張ったもんだと感心しています。誰も彼も、この友人のように「自分で調べてトライし、失敗してもめげずにいろいろやってみる」って人ばっかりならサポート楽なのになぁ…と、2chの無料サポート関連スレッドを見て思うのでありました(笑)。決して私の身内への愚痴ではありません(^^;)。>関係各位

■ 最終更新  14:18

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

当サイトのコメント欄は承認制となっております。また、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Twitter
利用中のサービス

GUiLZ Project では、以下のサービスを利用しています。


関連サイト
巡回先サイト様
アーカイブ