GUiLZ Project Personal & Experimental Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 僕はッ! 寒くてッ! 今にも死にそうッ! 人生やめたいッ!
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

■ [その他] 今日の俺

車を停めてある場所まで、いつものごとく徒歩10分、傾斜30度を軽く超えている坂を息を切らせながら登り、ようやく芹香先輩 わが愛車までたどり着こうかという、まさにその時。

目の前に、野犬が現れた! (BGM:ドラクエの戦闘シーン)

コマンド?

  たたかう

  どうぐ

  まほう

  にげる

> 波紋疾走

……「ふるえるぞハート! 燃え尽きるほどヒート! 波紋疾走ッ!!」 ドッギャーァン!!

なんてできるわけありませんので、目を合わせつつ(目を逸らしたら野犬は襲ってくるぞッ! 気をつけろッ!) その横を通り過ぎ………

たのに、なんで犬追っかけてきますか!? 別に犬は苦手じゃないけど、噛まれたら狂犬病の危機! これ以上感染症の危険を背負い込むのはごめんだ!(以前の日記参照) ってことで、今こそ俺の力を開放するッ! うおおッ!!

「僕はッ! 君がッ! 追いかけるのに疲れるまでッ! 逃げるのを! やめないッ!」

俺の逃げ足は速いぜえフハハハハ……!! 何しろ、学校一足の速かった奴を怒らせたとき、そいつですら俺の逃げ足には追いつけなかったからなあッ!!(小学生当時) 犬畜生があッ! この俺に追いつけるものなら追いついて……

な、何いッ!? この俺に追いつくだと……? キサマいったい何も(以下いいかげん鬱陶しいので略)

……なんて、仕事で疲れてる上に山道を踏破したばかり(犬と遭遇したのも山道だが) の俺に降りかかってくる愉快なイベント(恋愛フラグは立ちません) をこなしつつ、家へと帰ってきたわけなのですが。

神様、もうネタは要りません。過ごしやすい人生をください。

あと、この日記を書いているたった今。俺の部屋唯一の暖房器具であるハロゲンヒーターが壊れて点かなくなりました(マジで)。ぼくのだいすきなハロゲーンヒーター とっても大事にしてたーのにー 壊れて光がつかなーいのー どーしよっ どーしよっ おー ぱっきゃらまーどーぱっきゃらまーどー(壊)

って話はさておき。マジで寒いです。本当に寒い。ガクガクブルブル……。そのくせ「首振りボタン」は動きやがるし。光だけ点かないという、嫌がらせのような壊れ方です。

……ただ首を左右に振りつづけるだけのハロゲンヒーター(以下ハロゲンちゃん)。

「もう、僕たち、終わりなのかな」

そう問いかけても、答えはなく。ただ左右に、悲しげに頭を振るだけのハロゲンちゃん。その顔に、僕が惹かれた、あのときの輝きはもうなかった。そしてこれからも戻らないのだろう。

そう、あの輝きを汚したのは、僕。僕が彼女から輝きを奪った。それが僕の望みだったはずなのに。何故だろう。今はただ、彼女のその姿が、悲しくて。悲しくて仕方なかった。

くりぅえる著 「Hello, GAIN ?ぬくもりをもう一度?」 より抜粋

神様、何度も言いますが、もうネタは要りません。過ごしやすい人生をください。切実にお願いします。

■ 最終更新  21:27

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

当サイトのコメント欄は承認制となっております。また、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Twitter
利用中のサービス

GUiLZ Project では、以下のサービスを利用しています。


関連サイト
巡回先サイト様
アーカイブ